体を冷やし潤う薬膳「バナナとキウイフルーツのメレンゲスイーツ」

「バナナとキウイフルーツのメレンゲスイーツ」レシピ

夏の暑さと喉の渇きを乗り切る。
夏は暑くなって身体の中に熱がたまって、喉が渇くことから冷たいものを飲んで胃腸の働きが弱り、夏バテになってしまいます。
「消化を助ける」「身体を冷やす」「喉の渇きを潤す」食材のバナナ・キウイフルーツ・ヨーグルトで症状を緩和します。
果物(2人分)
①バナナ1本
②キウイフルーツ1個
メレンゲクッキー(2人分)
③卵白3個
④キビ糖 or ラカント20g
ムース(2人分)
⑤プレーンヨーグルト200g
⑥卵白1個
⑦キビ糖 or ラカント15g
⑧ゼラチン5g
メレンゲクッキーの作り方
1.卵白にキビ糖を加え照りが出るまで泡立てます。
2.1.を絞り袋に入れて、オーブンペーパーの上に10cmぐらいの円を描きます。
3.2.を110℃に温めたオーブンで90分焼きます。
ムースの作り方
1.少量の水にゼラチンを振り入れふやかしておく。
2.卵白にキビ糖を入れ泡立てる。
3.別のボールにヨーグルト、お湯で溶いたゼラチンを入れ、よくかき混ぜる。
4.泡立てた卵白を3.に加えて混ぜてから型(無い場合は小さな器)に入れる。ラップをして冷蔵庫に入れて冷やし固める。
果物の盛り付け
1.バナナを下は平に、もう一方の面は斜めに切る。
2.キウイフルーツの皮剥き、輪切りにする。
3.ムース、メレンゲクッキー、バナナ、キウイフルーツの順番で盛り付ける。

食材の特徴
バナナ <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)に効果的とされる。身体の熱を冷ます作用、肺や腸を潤す作用があるとされている。
<栄養学>
タンパク質の生成を促進するビタミンB6が豊富で、ポリフェノール類(クロロゲン酸)が消化不良を改善します。また、クロロゲン酸は抗糖化作用(糖がタンパク質と結びついて変質させてしまうことを防ぐ作用)があるため、アンチエイジング効果も持つ食材です。
キウイフルーツ <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。身体の熱を冷まし、喉の渇きを潤し、消化を助ける食材とされている。
<栄養学>
抗酸化・タンパク質の生成を促進するビタミンCが大変豊富、また、タンパク質の分解する酵素が含まれているため肉などを食べたときの消化を助ける効果がある。
卵白 <栄養学>
低カロリー、高タンパクの食材。脂質が含まれないため、45kcal/100g(黄身の1/3)しかカロリーが無く、コレステロールも低い。しかし、ビタミン群は少ない。
薬膳料理一覧へ ページトップへ