冬の風邪を予防する薬膳料理「ホウレン草と鶏肉とクルミの炒め物」

「ホウレン草と鶏肉とクルミの炒め物」レシピ

肺を潤し免疫を高める。
肺を潤し免疫を高めることで冬の風邪を、「肺を潤す」「造血を促す」食材のホウレン草・鶏肉・クルミ・卵で予防します。
(2人分)
①鶏肉300g
②ホウレン草1束
③人参1/2本
④卵2個
⑤しめじ1/2株
⑥くるみ30g
⑦油大さじ2
⑧塩胡椒少々
作り方
1.卵をといで、フライパンに油を熱し、炒り卵を作り、別の皿に避けておく。
2.鶏肉を1口大に切る。人参を5cmの短冊切りにする。ホウレン草は5cmに切る。しめじのいしつきを取ってほぐす。
3.鶏肉を焼いてから、人参・しめじ・炒り卵・ホウレン草の順番で入れ、さっと炒める。
4.塩胡椒で味を調える。

食材の特徴
ホウレン草 <薬膳学>
血虚(血が足りていない状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。血を補い、身体を潤す作用がある食材とされている。
<栄養学>
ビタミンA・βカロチンが豊富で免疫力を高める効果がある。また、血液の素となる鉄が豊富で造血を促し、加えて、血管を広げるマグネシウムが豊富なことから血行を促進する効果がある。
その他に、ビタミンBやビタミンCもバランス良く含まれるため疲労回復・新陳代謝促進などの効果もある。
鶏肉 <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。消化吸収が良いので消化不良時の滋養強壮に良い食材とされている。
<栄養学>
消化吸収が良いため、消化不良時のタンパク質の摂取に適している。
クルミ <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。肺と腎臓機能を高め免疫力向上し、造血を促し疲労回復する作用がある食材とされている。
<栄養学>
ミネラルが豊富(特に銅)で、貧血を予防し、新陳代謝を促進する効果がある。また、不飽和脂肪酸が豊富で成人病の予防などの効果がある。
<薬膳学>
血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。肺を潤すことで免疫力向上し、造血を促し疲労回復する作用がある食材とされている。
<栄養学>
ほぼ全ての栄養素がバランスよく含まれる食品で、身体を作ることができるので滋養強壮に効果がある。
しめじ <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)に効果的とされる。食欲不振のときに、胃の働きを高める食材とされている。
<栄養学>
ビタミンD・パントテン酸が豊富で、免疫力を高める効果がある。ナイアシン・ビタミンB1も豊富に含まれているため疲労回復する効果がある。
薬膳料理一覧へ ページトップへ