筋肉を強化する薬膳料理「牛テールうどん」

「牛テールうどん」レシピ

胃・腎臓の働きを高め、筋肉を強化する。
内臓の働きの弱り、筋肉の弱りなどの老化を予防する、「腎臓や胃の働きを高める」食材の長芋・ニラ・クコの実、「筋肉を作る」食材の牛テールで改善します。
(2人分)
①牛テール300g
②ニラ1束
③長芋100g
④クコの実大さじ2
⑤生姜20g
⑥うどん2束
⑦塩胡椒少々
作り方
1.牛テールと水を圧力鍋に入れて、圧力を高めてから30分間弱火にかける。(時間は圧力鍋の性能により変わる)。
2.うどんを茹で、水でしめる。
3.長いもの皮を剥いて、1cmの半月切にする。ニラを5cmに切る。生姜の皮を剥き、千切りにする。
4.長芋、ニラ、クコの実を入れ、長芋に少し芯が残るぐらいまで煮込む。
5.塩胡椒で味を調える。
6.うどんを器に入れて、スープを注ぎ生姜をもる。

食材の特徴
牛肉テール <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。滋養強壮、精神安定に良い食材とされている。
<栄養学>
タンパク質の他、赤血球膜を作るタンパク質の合成に必要な亜鉛、タンパク質の生成を促進するビタミンB12が豊富に含まれており、貧血や滋養強壮に効果がある。
また、テールにはコラーゲンが多く含まれるため美肌効果が期待できる。
長芋 <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)に効果的とされる。胃・肺・腎臓の機能を高め、滋養強壮する食材とされている。
<栄養学>
デンプンの分解を助ける消化酵素のジアズターゼ、タンパク質の消化を促進するオキシターゼ、胃・腎臓・肝機能を向上するムチンが多く含まれる。
ニラ <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。胃や腎臓の働きを高め、血行を促進し、新陳代謝を高め、身体を温める作用がある食材とされている。
<栄養学>
ビタミンA・βカロチンが豊富で粘膜を強くし免疫を向上する効果がある。硫酸アリル・フラボノール類(ケンフェロール)が含まれ血液サラサラ・血管強化・抗酸化作用がありアンチエイジング効果が期待できる。
クコの実 <薬膳学>
血虚(血の質・量の低下)に効果的とされる。滋養強壮、疲れ目の回復、免疫を高める食材とされている。
<栄養学>
ビタミン・ミネラルが100種類もある人気の美容・健康食材。特にビタミンCは、オレンジの500倍含まれており、ポリフェノール類(ルチン・タンニンなど)など強い抗酸化力を持つ。また、カルテノイド類(ルティン、ゼアキサンチン)は、目の黄斑部に存在するため黄斑変性症や白内障の予防も期待されています。
生姜 <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。血行を促進し、新陳代謝を高め、身体を温め食欲を増進する作用がある食材とされている。
<栄養学>
ショウガオールが血行促進する作用がある。また、ポリフェノール種(クルクミン)が肝臓の解毒機能を強化し肝機能を向上する。更に、抗糖化作用(糖がタンパク質と結びついて変質させてしまうことを防ぐ作用)があるため、アンチエイジング効果も持つ食材です。
薬膳料理一覧へ ページトップへ