しつこい便秘を解消する薬膳料理「レンコンとイチジクの煮物」

「レンコンとイチジクの煮物」レシピ

しつこい便秘や下痢が続くとき。
胃腸が弱って慢性的な便秘や下痢が続く症状を、「消化を助ける」「適切な便通を促す」食材のレンコン・イチジクで改善します。
(4人分)
①レンコン150g
②干しイチジク5個
③豚肉100g
④エリンギ1本
⑤醤油少々
⑥出汁の素4g
作り方
1.レンコンは皮を剥き、1.5cmの半月切りにする。
2.干しイチジクを半分に切る。豚肉は1口大に切る。エリンギは縦に割く。
3.鍋にレンコンとイチジクと豚肉を入れて、水と出汁の素をかぶるくらいまでいれて、1時間ほど煮る。
4.醤油で味を調えって器に盛る。

食材の特徴
レンコン <薬膳学>
血虚(血が足りていない状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。身体の熱を冷まし喉の渇きを潤す、胃腸の働きを高める食材とされている。
<栄養学>
ビタミンCが豊富で、抗酸化作用や、新陳代謝を促進する効果がある。また、ネバネバ成分であるムチンがタンパク質の分解を助け消化を助ける作用、腎臓・肝機能を高める効果がある。
イチジク <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。大腸を潤し便秘を解消する、肌を潤す食材とされている。
<栄養学>
豊富な食物繊維とペクチンが含まれており、便秘・下痢を解消する作用、コレステロールを低下する作用がある。また、クエン酸が疲労を回復する効果がある。
豚肉 <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。滋養強壮、身体に潤いを与える食材とされている。 <栄養学>
タンパク質の他、新陳代謝を高めて疲労を回復するビタミンB1、ナイアシンが豊富に含まれており、滋養強壮に効果がある。
薬膳料理一覧へ ページトップへ