目の充血・のぼせ・イライラに効く薬膳料理「セロリのきんぴら」

「セロリのきんぴら」レシピ

頭に血が上ることによる不調に。
頭に血が上ることによる不調によって起こる、目の充血・のぼせ・イライラの症状を、「肝臓の働きを高める」「頭に上った熱を冷ます」食材のセロリ・ニンジン、「気持ちを落ち着かせる」食材の胡麻で改善します。
(2人分)
①セロリ1本
②ニンジン1/2本
③胡麻大さじ2
④胡麻油大さじ2
⑤醤油大さじ2
⑥酒大さじ1
⑦みりん大さじ1
作り方
1.セロリを6cmの千切りにする。ニンジンを千切りにする。
2.フライパンに胡麻油を熱し、1.を炒める。
3.⑤⑥⑦の調味料を入れ、炒め煮する。
4.皿に盛りつけて胡麻をふる。

食材の特徴
セロリ <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。身体の熱を冷まし、肝機能を高めイライラを解消する、水分代謝を高める食材とされている。
<栄養学>
ビタミンAが豊富で免疫力を向上する効果がある。カリウムが豊富で水分の代謝を促しむくみや熱を冷ます効果がある。また、香気成分はジヒドロフタライド類は、イライラ解消の鎮静効果がある。
ニンジン <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。肝臓の働きを高め造血を促す(目の疲れを癒す)、消化吸収を高める食材とされている。
<栄養学>
ビタミンA・βカロチンが豊富で免疫力を高める効果がある。タウリン・グルタミン酸(アミノ酸)が含まれており、肝臓の機能を高め造血を促す効果がある。
胡麻 <薬膳学>
淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。大腸を潤し便秘を解消する、肌を潤す食材とされている。
<栄養学>
ビタミンB1、ビタミンB6が豊富で、新陳代謝を高め、疲労を回復する、脳神経機能を正常にし気持ちを落ち着かせる効果がある。マグネシウム・リン・銅などのミネラルが豊富で、造血を促す、新陳代謝を高める効果がある。
薬膳料理一覧へ ページトップへ