寒くなる前に廻る身体を作る薬膳スイーツ「リンゴのパウンドケーキ」

「リンゴのパウンドケーキ」レシピ

寒くなる前に強い血管と廻る身体を作る。
冷え性でお困りの方に秋の寒くなる前の時期に、「抗酸化効果が高い」「血をサラサラにする」食材のリンゴ、「血行を高め、毛細血管を強くする」「身体を温める」「消化吸収を高める」食材のシナモンを使ったスイーツで血や気の巡りやすい身体を作る。
リンゴ具材(4人分)
①リンゴ1個
②シナモン1g
③レモン大さじ1/2
④キビ糖15g
生地(4人分)
⑥キビ糖30g
⑦水切りヨーグルト90g
⑧卵2個
⑨アーモンドプードル20g
⑩ベーキングパウダー5g
⑪小麦粉130g
クランブル(4人分)
⑫アーモンドプードル5g
⑬バター5g
⑭キビ糖5g
⑮小麦粉10g
作り方
1.リンゴをいちょう切りにする。
2.1.と②シナモン、③レモン、④キビ糖を鍋に入れ焦がさないように煮詰める。
3.刷毛や指で型に少量のバターを万遍なく塗る。
4.⑫アーモンドプードル、⑬バター(溶かさず)、⑭キビ糖、⑮小麦粉を、小さな器に入れそぼろ状になるまで混ぜ合わせる。
5.⑩ベーキングパウダー、⑪小麦粉を振るいにかける。
6.⑥キビ糖、⑦ヨーグルト、⑧卵をボールに入れて混ぜる。それに、5.と⑨アーモンドプードルを入れてさっくりと切るようにかき混ぜる。
7.2.を6.に混ぜて、型に流し込む。
8.7.の上に4.を全体的に振りかける。
9.180℃のオーブンで、30分焼く。
10.焼きあがったら型から外し、冷めるまで待つ。※さっくり仕上げるために焼き戻し(ラップで包む)はしない。

食材の特徴
リンゴ <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、気滞(気が足りているが滞っている状態)に効果的とされる。身体の熱を冷まし、胃腸の働きを高める食材とされている。
<栄養学>
クエン酸が疲労を回復する。カテキン類(エビカテキン)・フラボン類(ルテオリン)・エラグ酸が抗酸化・抗炎症・殺菌作用があるため免疫力が向上します。また、抗糖化作用がありアンチエイジング効果も期待できる。
シナモン <薬膳学>
淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。身体を温め、胃腸の働きを高める食材とされている。
<栄養学>
シナモンアルデヒドという香り物質が、消化を促進する効果がある。また、毛細血管を拡張して血行を促進する。毛細血管を強化するアンジオポエチンという物質に似た働きをし、血管を修復する効果がある。
※過剰摂取をし過ぎると、クマリンといわれる成分が肝障害を引き起こす可能性があります。(2~3日に1~3g程度で十分)
薬膳料理一覧へ ページトップへ