肝機能を高め滋養強壮する薬膳料理「レバーとハーブのペースト」

「レバーとハーブのペースト」レシピ

疲れがたまったとき、貧血気味のとき。
貧血などの症状で力が出ない、慢性的に疲れがたまって体力が落ちてしまった症状を、「肝機能を高める」「造血を促す」食材のレバー、「血行を促進する」「滋養強壮する」「胃腸の働きを高める」食材の玉ねぎ、ミックスハーブ(バジル・オレガノ・パセリ・タイム)で改善します。
(4人分)
①鶏レバー200g
②玉ねぎ大1/2個
③バター10g
④ミックスハーブ(乾燥:S&B)4g
⑤塩胡椒適量
⑥ガーリックチップス適量
⑦オリーブオイル小さじ1
⑧赤ワイン50㏄
⑨生クリーム大さじ1
作り方
1.レバーを丁寧に洗い、牛乳に30分~1時間ほどつけてからキッチンペーパーで水分を取る。(血抜き:臭みとり)
2.玉ねぎをみじん切りにし、ガーリックチップスを細かく砕く。
3.オリーブオイルをフライパンに入れ、ガーリックチップスを入れ香りが出るまで炒める。
4.玉ねぎを加えて中火で透き通るまで炒める。ここでじっくり炒めておくと甘みが出る。
5.レバー、バター、ミックスハーブを4.に入れ、レバーの色が変わるまで中火で炒める。
6.赤ワインを入れ、水分がなくなるまで中火で炒める。
7.フードプロセッサーに6.と生クリームを入れ滑らかになるまでフードプロセッサーにかける。
8.味見をして塩胡椒で味を整える。
9.器に入れ、冷蔵庫で冷やし、クラッカーやクリームチーズと一緒に食べる。

食材の特徴
鶏レバー <薬膳学>
血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。肝機能を高め、血を補う食材とされている。
<栄養学>
血液の素となる鉄や赤血球膜を作るタンパク質の合成に必要な亜鉛が豊富で造血を促す効果がある。また、ビタミンAが豊富で免疫力を高める効果がある。
その他に、ビタミンB1,B2,B6,B12が豊富に含まれているため疲労回復・新陳代謝促進などの効果もある。
※栄養価がかなり高い食材だが、コレステロールが高いので日常的な食べ過ぎには注意。
玉ねぎ <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。血のめぐりを良くする作用があるとされている。
<栄養学>
硫酸アリル、ポリフェノール類(ケルセチン)が血液をサラサラにする、ビタミンB6がタンパク質生成を促進する効果がある。
バジル <栄養学>
鉄分が豊富で造血を促す効果がある。カルシウム・マグネシウムが豊富で骨生成促進・精神を安定させる効果がある。クロロフィルが腸の有害物質を取り除き代謝し、腸の調子を良くする効果がある。更に、ポリフェノール、フラボンが含まれ抗酸化作用をもつがあるため、アンチエイジング効果も持つ食材です。
オレガノ <栄養学>
ビタミンAが豊富で免疫力を高める効果がある。ビタミンB2が豊富で新陳代謝を促進し、肌や筋肉生成を促す促す効果がある。カルシウム・マグネシウムが豊富で骨生成促進・精神を安定させる効果がある。更に、ポリフェノール、フラボンが含まれ抗酸化作用をもつため、アンチエイジング効果も持つ食材です。
パセリ <栄養学>
ビタミンAが豊富で免疫力を向上する効果がある。鉄分が豊富で造血を促す効果がある。精油成分のピネン、アピオールが食欲増進・胃腸の働きを高める効果がある。更に、ビタミンE・Cが含まれ抗酸化作用をもつため、アンチエイジング効果も持つ食材です。
タイム <栄養学>
鉄分が豊富で造血を促す効果がある。カルシウム・マグネシウムが豊富で骨生成促進・精神を安定させる効果がある。更に、ポリフェノール、フラボンが含まれ抗酸化作用をもつがあるため、アンチエイジング効果も持つ食材です。
薬膳料理一覧へ ページトップへ