我慢しないダイエット薬膳料理「おからと米粉のピザ」

「おからと米粉のピザ」レシピ

ダイエットしながら血を補う。
カロリーが高くて我慢しがちなピザを、冬の寒さや疲れで不足する血を補うダイエット薬膳料理に。「肝や腎の働きを高め造血を促す」食材のイカ・アサリ・エビ、「低糖質で高タンパク」「女性ホルモンに似た働きをする」食材の大豆、「グルテンフリーで血糖値の上昇を抑える」食材の米粉、「低カロリーで高タンパク」食材のささみで作る。
(2人分)
①おから50g
②米粉50g
③牛乳25g
④卵1個
⑤マジックソルト2.5g
トッピング
⑥シーフードミックス
(アサリ、イカ、エビ)
適量
⑦ささみ適量(1本)
⑧たまねぎ適量(中1/4個)
⑨ケチャップ適量
⑩乾燥バジル適量
⑪オリーブオイル適量(小さじ1)
⑫ピザ用チーズ適量
⑬ベビーリーフミックス適量
作り方
1.おから、米粉、牛乳、卵をボールで混ぜて、まとまるまでこねる。
2.1.を半分に分けて、2枚のクッキングシートに挟んで上から押して薄く延ばす。(1mm程度に薄く延ばす)
3.2.のクッキングシートで挟んだまま、フライパンで中火よりやや弱めで固くなって焦げ目がつくまで、両面焼く。
4.玉ねぎを薄くスライスする。ささみを一口大半分くらいに切る。
5.具材をフライパンで軽く炒める。
6.3.をクッキングシートを剥いでフライパンに置き、オリーブオイルを塗る。(ピザ生地が具材からの水分でべちょべちょにならないようにするため)
7.5.にケチャップを塗り広げて、乾燥バジルをふりかける。
8.5.にスライス玉ねぎ、ささみ、シーフードミックスをトッピングして、上からチーズをふりかける。
9.200℃のトースター、又は、オーブンで、15分間焼く。
10.ベビーリーフを上からふりかける。

食材の特徴
大豆 <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。消化不良を改善し、身体の余分な水分を代謝する食材とされている。
<栄養学>
小麦粉の1/5の糖質しか無く、低糖質で高タンパクなため、運動をしながらのダイエットに最適。身体を作りながら、カロリー摂取を落とすことができる。加えて、食物繊維が豊富で、便通を良くする効果がある。 また、イソフラボンが疑似女性ホルモンの働きをし、女性ホルモンの不足による更年期障害や抜け毛などを抑制する効果が期待できる。
米粉 <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)に効果的とされる。食欲不振のときに、身体を温め胃の働きを高め、滋養強壮する食材とされている。
<栄養学>
赤血球膜を作るタンパク質の合成に必要な亜鉛、赤血球の生成を助ける銅が豊富で、造血を助ける効果がある。小麦粉に含まれるグルタミン酸というタンパク質が米には無いため、小麦粉に比べて血糖値の上昇が低く食欲を抑えることができる。
鶏肉 <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。消化吸収が良いので消化不良時の滋養強壮に良い食材とされている。
<栄養学>
消化吸収が良いため、消化不良時のタンパク質の摂取に適している。
エビ <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)に効果的とされる。身体を温め、滋養強壮する作用があるとされている。
<栄養学>
ビタミンB12とタウリンが豊富で、肝機能を高め造血・タンパク質生成を助けて滋養強壮する効果がある。ビタミンE・アスタキサンチンが含まれ抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できる。
イカ <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。血を補い、滋養強壮に効果的な食材とされている。
<栄養学>
高タンパク質・タウリン・亜鉛が豊富で、肝機能・腎機能を高め造血・タンパク質生成を助けて滋養強壮する効果がある。
アサリ <薬膳学>
血虚(血が足りていない状態)、水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。身体の余分な水を取り除き、むくみを解消する、身体を冷ます作用がある。また、血を補い、精神を安定させる作用がある。
<栄養学>
ビタミンB12が豊富で、タンパク質生成を促進する、神経細胞を修復し神経障害(不眠など)を改善する効果がある。タウリン・鉄分が豊富で肝機能を高め造血を助けて滋養強壮する効果がある。
玉ねぎ <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。血のめぐりを良くする作用があるとされている。
<栄養学>
硫酸アリル、ポリフェノール類(ケルセチン)が血液をサラサラにする、ビタミンB6がタンパク質生成を促進する効果がある。
チーズ <薬膳学>
血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。肝機能を高め血の生成を促す作用、皮膚や粘膜や髪の潤いを与える作用がある食材とされている。
<栄養学>
タンパク質・ビタミンB12・亜鉛が豊富でタンパク質の生成を促し、肌や身体を作る効果がある。βカロテン・ビタミンAが豊富で粘膜を強くして免疫力を高める効果がある。
トマト(ケチャップ) <薬膳学>
水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。身体をの余分な熱を冷ます作用、胃腸の働きを高め消化吸収を助ける作用がある食材とされている。
<栄養学>
βカロテン・ビタミンA・ビタミンCが豊富で粘膜を強くして消化吸収力や免疫力を高めます。リコピンが豊富で強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果を期待できる。
薬膳料理一覧へ ページトップへ