貧血など血の不調に効く薬膳料理「エビの茶碗蒸し・梅肉添え」

「エビの茶碗蒸し・梅肉添え」レシピ

貧血・倦怠感などの血の不調に。
疲れがとれない・顔色が良くない・病後の体力回復に、肝臓・腎臓・胃腸の機能を高め造血を促す薬膳料理を、「肝や腎の働きを高め造血を促す」食材のエビ、「免疫力を高める」「造血を促す」食材のホウレン草、「胃腸の消化吸収力を高める」食材の梅干し・椎茸で作る。
(4人分)
①エビ4尾
②ホウレン草葉4枚
③椎茸中2個
④卵3個
⑤ほんだし4g
⑥水450cc
⑦醤油小さじ2
⑧みりん小さじ2
⑨梅干し2個
作り方
1.水を60℃くらいに温めて、だし汁を作る。
2.卵を溶いて、1.と醤油とみりんをよく混ぜる。
3.椎茸2個を8等分に切る。ホウレン草を水洗いし、茎と葉に切り分け、たっぷりの沸騰している湯に塩をひとつまみ加えた鍋に、茎を入れ30秒後に葉を入れて30秒茹でます。茹で終わったら冷水につけて固く絞る。ホウレン草を3cmほどの長さで切る。
4.3.の材料とエビを器に入れ、2.を茶こしでこしながら注ぐ。
5.蓋ができる鍋かフライパンに器の1/3くらいまでの水を入れ、4.を入れる、菜箸などをかませて、完全に蓋が閉じ無いようにする。
6.中火にかけて沸騰したら弱火にすして10分前後で火を止めて取り出す。
参考.5.6.の代わりに、電子レンジに150Wで20分かけてもOK。

食材の特徴
エビ <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)に効果的とされる。身体を温め、滋養強壮する作用があるとされている。
<栄養学>
ビタミンB12とタウリンが豊富で、肝機能を高め造血・タンパク質生成を助けて滋養強壮する効果がある。ビタミンE・アスタキサンチンが含まれ抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できる。
ホウレン草 <薬膳学>
血虚(血が足りていない状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。血を補い、身体を潤す作用がある食材とされている。
<栄養学>
ビタミンA・βカロチンが豊富で免疫力を高める効果がある。また、血液の素となる鉄が豊富で造血を促し、加えて、血管を広げるマグネシウムが豊富なことから血行を促進する効果がある。 その他に、ビタミンBやビタミンCもバランス良く含まれるため疲労回復・新陳代謝促進などの効果もある。
椎茸 <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)に効果的とされる。消化を助け胃腸に良くし、肝臓の働きを助け栄養不足を補う食材とされている。
<栄養学>
食物繊維(不溶性食物繊維)が豊富。不溶性食物繊維は、胃の中で水分を吸収し膨張するため満腹感を与え、食べ過ぎを防いでくれます。また、β-グルカン・ビタミンDが豊富で、免疫力を高める効果がある。
梅干し <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)に効果的とされる。胃腸の働きを高め消化吸収を良くする、溜まった疲労や余分な水分の代謝を促す作用がある食材とされている。
<栄養学>
酸味成分であるクエン酸は唾液の分泌を促し、食べ物の消化吸収を促進する。また、クエン酸は疲労物質である乳酸の代謝を促進して、疲労を回復する効果がある。※但し、ナトリウム量が多いので食べ過ぎは注意(~2・3個/日まで)。
薬膳料理一覧へ ページトップへ