胃腸の働きを高めむくみを解消する薬膳料理「鮭のアクアパッツア」

「鮭のアクアパッツア」レシピ

胃腸弱りからくるむくみを解消する。
冷たい物の食べ過ぎ、ストレス、湿気・気温の変化から胃腸が弱ると、水分吸収・排泄が滞りむくみ・疲れが現れます。胃腸の働きを整え、身体の熱の偏りを整え、余分な水分をとる薬膳料理を、「胃腸を温め働きを高める」「滋養強壮する」食材の鮭・ブロッコリー・ニンニク、「身体の余分な熱・水分をとる」食材のトマト・アサリで作る。
※温性の鮭・ニンニクと涼性のトマト・アサリを組み合わせることで、身体を冷やし過ぎないようにします。暑くはないけど身体を冷やす機会が多くなる5月・6月の梅雨の前中盤期にお奨めです。
(3人分)
①鮭300g
②アサリ30個(半分をパスタに使う)
③ミニトマト5~10個
④ブロッコリー適量
⑤ニンニク(スライス)適量(約6枚程度)
⑥パセリ適量
⑦塩3g+適量
⑧オリーブオイル大さじ2
⑨白ワイン大さじ2
⑩水100㏄
作り方
1.砂抜きされていないアサリは、海水程度(3%)の塩水に浸し、半日ほど置いておく。
2.(皮が気にならない方は必要無し)ミニトマトを沸騰したお湯に15秒ほど入れてから、直ぐに冷水につけ、包丁で軽く切れ目を入れて皮を剥く。
3.ブロッコリーを切り、耐熱の器に入れてラップをして、電子レンジで少し芯が残るくらいまで温める(600Wで約2分)
4.鮭の両面に合わせて3gの塩を振り、30分間ほどおいて下味をつける。水気が出てきたら、キッチンペーパーで拭き取る。
5.フライパンに大さじ1のオリーブオイルを中火で熱し、鮭の皮のほうを下にして焼き色を付けて、焼き色がついたらひっくり返す。
6.フライパンの空いたところで、ニンニクを炒めて香りが出たら、アサリ・白ワイン・水を加えて強火にしてフライパンに蓋をする。
7.アサリが口を開いたら、ブロッコリー・トマトを入れ蓋をし、沸騰したら中火にして5分間ほど蒸し焼きにし、火を止めてから5分間ほど蒸らす。
8.味見しながら塩で味を調える。煮汁にオリーブオイルを回しいれ、パセリを散らして、器に盛りつける。
残りをペペロンチーノにする場合、煮汁とアサリを半分残しておく。利水のペペロンチーノの作り方は、こちら

食材の特徴
<薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。胃腸を温めて、気と血の流れを改善する食材とされている。
<栄養学>
ビタミンDが多く免疫力を高める効果がある。タンパク質・ビタミンB6・ビタミンB12が多く新陳代謝を高め、ナイアシン・DHA・EPAが多く血液をサラサラにし血行を促進する効果がある。 また、アスタキサンチンが含まれるため抗酸化作用があり、アンチエイジング効果も期待できる。
アサリ <薬膳学>
血虚(血が足りていない状態)、水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。身体の余分な水を取り除き、むくみを解消する、身体を冷ます作用がある。また、血を補い、精神を安定させる作用がある。
<栄養学>
ビタミンB12が豊富で、タンパク質生成を促進する、神経細胞を修復し神経障害(不眠など)を改善する効果がある。タウリン・鉄分が豊富で肝機能を高め造血を助けて滋養強壮する効果がある。
ブロッコリー <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)に効果的とされる。五臓(特に胃腸・腎臓)の働きを高め、滋養強壮の助けをする食材とされている。
<栄養学>
ビタミンCとポリフェノールの一種のフラボノールが豊富で、高い抗酸化作用がありアンチエイジング効果が期待できる。玉ねぎの血液サラサラ成分と同じケルセチンが豊富で、成人病を予防する効果ある。ビタミンKが豊富で、骨生成を促す効果がある。
トマト <薬膳学>
水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。身体をの余分な熱を冷ます作用、胃腸の働きを高め消化吸収を助ける作用がある食材とされている。
<栄養学>
βカロテン・ビタミンA・ビタミンCが豊富で粘膜を強くして消化吸収力や免疫力を高めます。リコピンが豊富で強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果を期待できる。
ニンニク <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。身体を温めて、血行を良くする食材とされている。
<栄養学>
ビタミンB6が多く新陳代謝を高め、硫酸アリルが血液をサラサラにし血行を促進する効果がある。
薬膳料理一覧へ ページトップへ