疲れを回復する薬膳料理「アスパラの豚肉巻き」

「アスパラの豚肉巻き」レシピ

溜まってしまった疲れに、身体・血を作り滋養強壮する料理。
過労で溜まってしまった疲れを回復する。身体を作るタンパク質・ビタミンBを豊富に含む豚肉、疲労を回復するアスパラギン酸を豊富に含むアスパラ、血を作る銅・亜鉛・鉄を豊富に含む胡麻(ソース)を使った薬膳料理のレシピをご紹介。
アスパラの豚肉巻き(2人分)
①アスパラ4本
②豚バラ肉4~6枚
③薄力粉少量
④塩コショウ適量
⑤オリーブオイル大さじ1
胡麻ソース(2人分)
⑥練り胡麻大さじ2
⑦牛乳大さじ2~3
⑧キビ糖小さじ2
⑨醤油小さじ2
⑩マヨネーズ大さじ2
作り方
1.アスパラは根元の固い部分を切り落とす。固いアスパラならハカマの部分を取り、下半分は皮むき器で表面を剥く。
2.豚バラ肉の片面に塩コショウを降り、薄力粉を茶こしで振りかける。
3.豚バラ肉をアスパラに斜めに巻いていく(足りない場合は、もう一枚の豚バラ肉を半分に切り、続きの部分から巻き足す)。
4.3.に、塩コショウを降り、薄力粉を茶こしで両面に振りかける。
5.オリーブオイルをフライパンにしき、焼き色が付くまで炒める。
6.ソースの材料を全て器に混ぜ合わせる。皿に5.を盛り付け、ソースを上からかける。

食材の特徴
豚肉 <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。滋養強壮、身体に潤いを与える食材とされている。
<栄養学>
タンパク質の他、新陳代謝を高めて疲労を回復するビタミンB1、ナイアシンが豊富に含まれており、滋養強壮に効果がある。
アスパラ <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。身体の余分な水を取り除き、むくみを解消する、身体を冷ます・口の渇きと咳を和らげる作用がある。胃腸の働きを活発にする作用がある。
<栄養学>
アスパラギン酸というアミノ酸の一種が豊富で、新陳代謝を促し、疲労回復や滋養強壮する効果がある。βカロテンが豊富で、免疫力を高める効果がある。カリウムが豊富で、塩分の排泄を助け、利尿作用でむくみと身体の熱を取ります。また、ルチン(ビタミンP)が豊富で、血管を強くし動脈硬化を防ぐ作用がある。
胡麻 <薬膳学>
淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。大腸を潤し便秘を解消する、肌を潤す食材とされている。
<栄養学>
ビタミンB1、ビタミンB6が豊富で、新陳代謝を高め、疲労を回復する、脳神経機能を正常にし気持ちを落ち着かせる効果がある。マグネシウム・リン・銅などのミネラルが豊富で、造血を促す、新陳代謝を高める効果がある。
薬膳料理一覧へ ページトップへ