疲れた身体を回復する薬膳スイーツ「パイナップルのパウンドケーキ」

「パイナップルのパウンドケーキ」レシピ

豊富なクエン酸が疲れたからだの回復を助ける。
疲れが溜まったときに美味しいスイーツで回復を助ける。疲れの回復を助けるクエン酸・ビタミンCを豊富に含むパイナップル・レモン、コレステロールを低下する(バターの代わりに)ヨーグルトを使った薬膳スイーツ。
(4人分)
①パイナップル(缶詰)100~200g
②薄力粉120g
③アーモンドプードル30g
④ベーキングパウダー5g
⑤水きりヨーグルト90g
⑥キビ糖30g
⑦卵2個
クランブル(4人分)
⑧レモン皮2g
⑨バター10g
⑩キビ糖10g
⑪薄力粉30g
作り方
1.パイナップルをいちょう切りにする。レモンの皮をみじん切りにする。
2.レモン皮、バター(溶かさず)、キビ糖、薄力粉を、小さな器に入れそぼろ状になるまで混ぜ合わせる。
3.ベーキングパウダーと小麦粉と米粉をふるいにかける。
4.型に少量のバターを塗る。180℃にオーブンを予熱する。
5.ヨーグルト、卵、キビ糖をボールに入れてよくかき混ぜる。それに、パイナップルを入れる。
6.4.に3.とアーモンドプードルを入れて、さっくりと混ぜて、パウンドケーキの型に流し込む。
7.6.に2.を全体的に振りかける。。
8.180℃のオーブンで、30分焼く。
9.焼きあがったら型から外し、冷めるまで待つ。※さっくり仕上げるために焼き戻し(ラップで包む)はしない。

食材の特徴
パイナップル <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。疲労回復を助ける、食べ過ぎによる消化不良を助ける、渇きを潤す・身体の余分な水分・塩分を排出する食材とされている。
<栄養学>
クエン酸が豊富で、乳酸を排出させ疲労回復する作用がある。ビタミンBが豊富で、糖質・タンパク質・脂質からエネルギーを作る助けをする。タンパク質分解酵素ブロメニンを含み、肉類を消化を促進する作用がある(48度以上に温めると酵素の働きが無くなってしまいます)。また、ビタミンC・ポリフェノールが抗酸化作用があり、アンチエイジング効果を期待できる。
レモン <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)に効果的とされる。渇きを潤す・汗などによる水分の出過ぎを止める食材、気を補い疲労を回復する食材とされている。
<栄養学>
クエン酸が、乳酸を排出させ疲労回復する作用がある。リモネンは、肝臓・腎臓の機能を高める作用、消化を促進する作用、神経細胞を活性化する作用がある。また、ビタミンC・ポリフェノールが抗酸化作用があり、アンチエイジング効果を期待できる。
ヨーグルト <薬膳学>
血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。身体の余分な熱を冷まし腸や肌を潤す、腸の調子を整え免疫力を高める食材とされている。
<栄養学>
乳酸菌が含まれ腸内環境を整え便秘や下痢を解消し、また、免疫機能の正常な働きを助ける効果・コレステロールを排泄する効果がある。牛乳の4倍の乳酸によってアミノ酸まで分解されたタンパク質を含み、内臓や肌の新陳代謝を助ける効果がある。カルシウムと乳酸が結びつき体内にカルシムが乳酸カルシウムとなった吸収されやすいカルシウムを多く含み、骨の強化や精神を安定させる効果がある。
薬膳料理一覧へ ページトップへ