美肌の薬膳料理「トマトのふっくら煮込みハンバーグ」

「トマトのふっくら煮込みハンバーグ」レシピ

代謝を高め酸化を抑えて、美肌を作る。
肌の乾燥・化粧のりが悪さが気になるときに、豊富なタンパク質・代謝を高めるビタミンBを豊富に含む牛・豚肉、高い抗酸化作用をもつリコピンを豊富に含むトマト、血液の巡りを良くする玉ねぎで対策する。
(3人分)ハンバーグ
①合いびきミンチ300g
②玉ねぎ中1個
③卵1個
④パン粉大さじ6
⑤牛乳50cc
⑥塩胡椒小さじ1
⑦ガーリックパウダー少々
⑧ナツメグ少々

(3人分)トマト煮込みソース
①トマト缶1缶
②エリンギ中1個
③コンソメ小さじ2
④ケチャップ大さじ1
⑤ウスターソース大さじ1
⑥赤ワイン大さじ3
⑦エリンギ1本
⑧砂糖お好みで
⑨パセリ少々
作り方
1.玉ねぎをみじん切りにして、オリーブオイルで弱火~中火で飴色になるまで炒める。(別の器に移し、冷ます)
2.ボールに、1.と合いびきミンチ、卵、パン粉、牛乳、塩胡椒、ガーリックパウダー、ナツメグを入れ手でこねる。
3.適当な大きさに少し厚めに丸め(3個)、フライパンに油(or バター)をひき熱してから中火で、両面を焦げ目がつくまで熱します。
4.エリンギを切っておく。
5.フライパンにそのまま、トマト煮込みソースの材料を全て入れ混ぜて、中火で10分間ほど煮込む。(途中、1回だけハンバーグをひっくり返す。)
※赤ワインは、アルカリ性でトマトの酸味を消すのでお好みで量を調整して下さい。
6.ソースが半分くらいの量になったら、器に盛ってパセリを降りかけ、お好みでブロッコリー・ニンジンなどを添えて下さい。

食材の特徴
牛肉 <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。滋養強壮、精神安定に良い食材とされている。
<栄養学>
タンパク質の他、赤血球膜を作るタンパク質の合成に必要な亜鉛、タンパク質の生成を促進するビタミンB12が豊富に含まれており、貧血や滋養強壮に効果がある。
豚肉 <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。滋養強壮、身体に潤いを与える食材とされている。
<栄養学>
タンパク質の他、新陳代謝を高めて疲労を回復するビタミンB1、ナイアシンが豊富に含まれており、滋養強壮に効果がある。
玉ねぎ <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。血のめぐりを良くする作用があるとされている。
<栄養学>
硫酸アリル、ポリフェノール類(ケルセチン)が血液をサラサラにする、ビタミンB6がタンパク質生成を促進する効果がある。
トマト <薬膳学>
水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。身体をの余分な熱を冷ます作用、胃腸の働きを高め消化吸収を助ける作用がある食材とされている。
<栄養学>
βカロテン・ビタミンA・ビタミンCが豊富で粘膜を強くして消化吸収力や免疫力を高めます。リコピンが豊富で強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果を期待できる。
エリンギ <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)に効果的とされる。食欲不振のときに、胃の働きを高める食材とされている。
<栄養学>
ビタミンD・パントテン酸が豊富で、免疫力を高める効果がある。ナイアシン・ビタミンB1・ビタミンB2も豊富で代謝を高め疲労回復する効果がある。食物繊維が豊富で胃腸の働きを改善する効果がある。
ニンニク <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。身体を温めて、血行を良くする食材とされている。
<栄養学>
ビタミンB6が多く新陳代謝を高め、硫酸アリルが血液をサラサラにし血行を促進する効果がある。
ナツメグ <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。身体を温めて血行を良くする、胃もたれやげっぷ症状を緩和する食材とされている。
<栄養学>
マグネシウム・銅といったミネラルが豊富で造血を促す。(糖尿病予防や血管を強く柔軟にし動脈硬化症などを予防する、細胞の働きを活性する作用があるとされ、近年注目されている)アディポネクチンという脂肪細胞から分泌される超善玉ホルモンの分泌が促す効果がある。
薬膳料理一覧へ ページトップへ