バランスを整える薬膳料理「野菜たっぷりチリコンカーン」

「野菜たっぷりチリコンカーン」レシピ

崩れた身体のバランスを整える。
不摂生な生活から身体のバランスを崩したときに、抗酸化作用が高くβカロテンが豊富なトマト・ニンジン、消化に優しい豊富なタンパク質を含む大豆、アリシンが豊富でドロドロ血をサラサラにするニンニク・玉ねぎで対策する。
(3人分)
①ベーコン100g
②玉ねぎ200g
③ニンニク1片
④ニンジン80g
⑤セロリ80g
⑥ホールトマト缶1缶
⑦水300cc
⑧大豆の水煮120g
⑨チリパウダー大さじ1
⑩ローリエ1枚
⑪ケチャップ大さじ1
⑫塩少々
⑬パセリ少々

作り方
1.ベーコンを小さく切る。ニンジン・玉ねぎ・セロリを粗みじん切りに、ニンニクはみじん切りにする。
2.フライパンを熱し、オリーブオイルにニンニク・ベーコンを入れて、香りがたってから、ニンジン・玉ねぎ・セロリを入れ、塩胡椒を少々加える。
3.玉ねぎが透明になるまで炒められたら、トマトホール・ローリエを加え、水を入れて煮る。
4.沸騰したら、大豆の水煮・チリパウダーをいれて、水分がほぼなくなるまで煮る。
5.ローリエを取り出し、ケチャップと塩で味を整える。
6.器に盛り、パセリを振りかける。

食材の特徴
ベーコン(豚肉) <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。滋養強壮、身体に潤いを与える食材とされている。
<栄養学>
タンパク質の他、新陳代謝を高めて疲労を回復するビタミンB1、ナイアシンが豊富に含まれており、滋養強壮に効果がある。
玉ねぎ <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。血のめぐりを良くする作用があるとされている。
<栄養学>
硫酸アリル、ポリフェノール類(ケルセチン)が血液をサラサラにする、ビタミンB6がタンパク質生成を促進する効果がある。
トマト <薬膳学>
水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。身体をの余分な熱を冷ます作用、胃腸の働きを高め消化吸収を助ける作用がある食材とされている。
<栄養学>
βカロテン・ビタミンA・ビタミンCが豊富で粘膜を強くして消化吸収力や免疫力を高めます。リコピンが豊富で強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果を期待できる。
ニンジン <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。肝機能を上げ、免疫を高める食材とされている。
<栄養学>
βカロテン・ビタミンAが豊富で粘膜を強くして消化吸収力や免疫力を高めます。フラボン類(ルテオリン)が抗酸化、肝機能を高める効果がある。
ニンニク <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。身体を温めて、血行を良くする食材とされている。
<栄養学>
ビタミンB6が多く新陳代謝を高め、硫酸アリルが血液をサラサラにし血行を促進する効果がある。
セロリ <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、水滞(排出するべき湿が滞留している状態)に効果的とされる。身体の熱を冷まし、肝機能を高めイライラを解消する、水分代謝を高める食材とされている。
<栄養学>
ビタミンAが豊富で免疫力を向上する効果がある。カリウムが豊富で水分の代謝を促しむくみや熱を冷ます効果がある。また、香気成分はジヒドロフタライド類は、イライラ解消の鎮静効果がある。
薬膳料理一覧へ ページトップへ