オシャレに野菜を食べる薬膳料理「パイ生地器のリンゴ・アボガドサラダ」

「パイ生地器のリンゴ・アボガドサラダ」レシピ

弱った胃腸でも食べやすい滋養強壮サラダ。
食欲が無い時に、抗酸化と気の巡りを良くするリンゴ、肌再生を促すビタミンBCが豊富なアボガドのサラダをパイ生地の器でオシャレに美味しく頂く。
(2人分)
①リンゴ1/8個
②アボガド1/2個
③ニンジン少々
④ブロッコリースプラウト少々
⑤パプリカ少々
⑥冷凍パイシート1/4×2枚
⑦レモン汁少々
ヨーグルトドレッシング
⑧マヨネーズ大さじ1
⑨プレーンヨーグルト大さじ2
⑩塩コショウ少々(お好みで)
作り方
1.冷凍パイシートを常温に戻し、ラップで挟み綿棒を使って伸ばし広げる。
2.セルクルに器状になるように入れ、200度に温めたオーブンに入れ、約20分焼きます。
3.リンゴを皮つきで、細かく切る。
4.アボガドの皮をむき種を取り除き、一口大に切り、酸化を防ぐためレモンを振りかける。アボガドを小さく切る。
5.ニンジンをみじん切りにする。パプリカを小さく切る。
6.マヨネーズとヨーグルトを器に入れ混ぜ、塩コショウで味を整えます。
7.2.の器に、3.4.5.ブロッコリースプラウトを盛り、6.をかける。

食材の特徴
アボガド <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態に効果的とされる。栄養価が高く活動の源(気)を巡らせる効果、造血を助ける食材とされている。
<栄養学>
ビタミンB1、B2、B6、Cが非常に豊富で、疲労回復・タンパク質生成を促す効果がある。不飽和脂肪酸が豊富で、コレステロールを下げ血をサラサラにする効果がある。銅が非常に豊富で、鉄から血液中の赤血球がつくられるのを助ける造血を促す効がある。血液のビタミンE、Cが豊富で抗酸化作用がありアンチエイジング効果も期待できる。
リンゴ <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、気滞(気が足りているが滞っている状態)に効果的とされる。身体の熱を冷まし、胃腸の働きを高める食材とされている。
<栄養学>
クエン酸が疲労を回復する。カテキン類(エビカテキン)・フラボン類(ルテオリン)・エラグ酸が抗酸化・抗炎症・殺菌作用があるため免疫力が向上します。また、抗糖化作用がありアンチエイジング効果も期待できる。
ニンジン <薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)、血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。肝機能を上げ、免疫を高める食材とされている。
<栄養学>
βカロテン・ビタミンAが豊富で粘膜を強くして消化吸収力や免疫力を高めます。フラボン類(ルテオリン)が抗酸化、肝機能を高める効果がある。
ブロッコリー
スプラウト
<薬膳学>
気虚(血・水・気を巡らせる力の低下)に効果的とされる。五臓(特に胃腸・腎臓)の働きを高め、滋養強壮の助けをする食材とされている。
<栄養学>
ビタミンCとポリフェノールの一種のフラボノールが豊富で、高い抗酸化作用がありアンチエイジング効果が期待できる。玉ねぎの血液サラサラ成分と同じケルセチンが豊富で、成人病を予防する効果ある。ビタミンKが豊富で、骨生成を促す効果がある。また、辛みのもととなる成分スルフォラファンというファイトケミカルが、酵素の働きを高め肝臓の機能を改善する効果がある。
パプリカ <薬膳学>
気滞(気が足りているが滞っている状態)、淤血(おけつ:血が汚れている状態)に効果的とされる。肝の働きを助け血液の浄化と血が頭に上り過ぎてイライラする症状を沈める食材とされている。
<栄養学>
ビタミンA、カロテンが緑ピーマンの3倍、ビタミンCが2倍含まれており免疫力を高める効果がある。ビタミンEが緑ピーマンの5倍、ポリフェノールも含まれており抗酸化作用が強くアンチエイジング効果を期待できる。
ヨーグルト <薬膳学>
血虚(血が足りていない状態)に効果的とされる。身体の余分な熱を冷まし腸や肌を潤す、腸の調子を整え免疫力を高める食材とされている。
<栄養学>
乳酸菌が含まれ腸内環境を整え便秘や下痢を解消し、また、免疫機能の正常な働きを助ける効果・コレステロールを排泄する効果がある。牛乳の4倍の乳酸によってアミノ酸まで分解されたタンパク質を含み、内臓や肌の新陳代謝を助ける効果がある。カルシウムと乳酸が結びつき体内にカルシムが乳酸カルシウムとなった吸収されやすいカルシウムを多く含み、骨の強化や精神を安定させる効果がある。
薬膳料理一覧へ ページトップへ